口下手(話上手な人の話し方を研究することで、上手に話すことができるようになるでしょう)な方は、どの程度の職業に向いているものです?やはり、販売業(販売する商品によっては、申請や許可が必要なこともあります)や営業職(向き不向きもありますが、努力次第で成績が伸ねせることもあるようです)は避けたいという方が圧倒的に多いはずです。社会人(あまり世間体を考えすぎると、生きていくのが窮屈になってしまいます)になったら、学生時代(最近では、平成生まれの人も珍しくなくなりました。年号が変わるとすごく昔のような気がしますね)のように「口下手(対義語は口上手というそうです)だから」では済まされないケースもあるかもしれません。口下手(対義語は口上手というそうです)を気にする人の場合は、できるだけ口下手(対義語は口上手というそうです)でも問題ないような仕事をしたいと思う方も多いのではないでしょうか?もちろん、口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)でも全く問題のない職業もあるでしょう。例えば、クリエイターや設計者などは、ひたすら作品や図面を作り続けるような職業ですから、1人で黙々と仕事をしたいという人には向いているといえます。かといって、相手が何を希望するのかといった打ち合わせは必要ですから、全く人と話をしないでいいというわけではありません。あるいは、工場のライン作業っぽい仕可能性もあるのです。その他にも、トラック運転手・現場作業員・プログラマー・スポーツ選手など以外に、芸術家のなかにもクリエイティブな部門だけではなく、演奏家といった職業もあるそうです。一般事務や経理といった職業の場合も、仕事の中で取り立てて口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)が災いするといったことはないでしょう。ただ、事務職でしたら電話対応や接客を余儀なくされるケースも多いのが現実です。このように、口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)とは言ってもも問題のない職業はしねしねありますよね。本人のやりたい仕事や適性、技術力や資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)等との兼ね合いもあるため、とりあえずはあなたの進みたい職業に向けて努力してみてくださいー